誰もが暮らしやすい工夫

誰もが暮らしやすい工夫

よくバリアフリーという言葉を聞きますが、一体バリアフリーとはどういう意味でしょうか。多くの人が高齢者や障がいがある人が暮らしやすいようにするというイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。誰もが暮らしやすいことこそが本物のバリアフリーというものだと思います。

例えば、暮らしていく中で、もっとこういう風になっていたらいいのにと思う場面はありませんか?些細なことでもそうですが、それが改善するべきポイントだといえます。高齢者や小さな子ども、障がいのある人にとっては更に問題点となっているということを理解しましょう。それが改善されれば、もっと暮らしやすいということです。

公共の場所でもその暮らしやすさや使いやすさが重視されるようになっていますので、階段しかなかった飲食店がスロープをつけるだとか、段差を減らすなどといった取り組みが行われてきています。もちろん街中でもそうですね。
住宅でもバリアフリー住宅は今とても人気で、かなり興味を持っている人は多いでしょう。

このような少しずつの取り組みではありますが、それがたくさん行われることで全体的にバリアフリーが進んで誰もが暮らしやすい世の中になっていくのではないでしょうか。

    Copyright(C) 最新バリアフリー情報にみる介護事情 All Rights Reserved.